契約時は慎重に!個人事業主の業務委託トラブル防止策とは

契約を結ぶ時の注意点

業務委託契約を解説

契約を結ぶ時の注意点


違約金に関してはチェックが必要

フリーランスで働いている個人事業主の場合は仕事内容もバラバラで、取引先も縁故のある取引先から新規の取引先までたくさんの所と仕事をしていることでしょう。基本的に取引先との信頼関係によって契約書を交わさずに仕事をする慣習が残っている業界がほとんどだと思います。しかしケースバイケースで契約書をきちんと結んだ方がよい事もありますので注意がひつようです。
また個人事業主の場合は契約内容を専門家に頼らずに本人が行っている場合がほとんどだと思いますので、ここだけは押さえておいた方がよいというポイントをチェックしていきましょう。
まずは「違約金」に関しての条項です。例えば契約書に「仕事を途中でやめたり、満足な成果があげられない場合は50万円の賠償金を払う」という内容が記載されていたとします。そして契約を結んで仕事を始めてみたところ、とても決められた期日にも間に合いそうもないし報酬も割に合わないと分かり仕事を中止したとしたらどうなるでしょうか。この場合は取引先の企業が損賠賠償請求の裁判を起こします。そしてその裁判で、裁判官は「損賠賠償額をどう定めていいか困難」なので「契約書に記されている金額を尊重する」ケースがほとんどだといいます。
つまり50万円は不当だと思っても記載されている金額通りの賠償金を払わなければならないという事になります。この事例を踏まえると「そもそも高額な賠償金が設定されている契約先はあやしい」と考えたほうが良く、契約を結ばないほうが無難でしょう。

競業禁止のケース

また「競業禁止」という条項が契約所に記載されていることがあります。簡単に説明すると「私の会社と仕事をするのなら、私の会社とライバル関係にある会社との仕事は3年間してはいけない」というような契約条項です。この条項を見逃してしまうと困ったことになりかねません。例えばA社から10万円の仕事を受けた数年後、A社のライバル企業であるB社から1000万円の仕事を発注されたとします。しかしA社との仕事の契約書に「3年間はライバル企業との仕事をしてはいけない」という競業禁止条項があったためB社の仕事を受けられないという事態を招くケースがあるという事です。このケースではA社の気持ちもわかりますし、将来的にB社のような取引先が現れる保証もないため悩ましい問題です。
しかし将来的に個人事業を発展させていきたいという高い志があるならば、どんなケースでも慎重に対応することをおすすめします。A社に対して失礼のないようにこの競業禁止の条項を削除してもらうか、期間を短くしてもらえるように交渉してみましょう。将来的に不利になりそうな契約事項は出来る限り削除をするように努力をしましょう。

最新記事

マイナンバー制度の準備を

ついに2016年1月から導入される「マイナンバー制度」。日々、ニュースやメディアでも取り上げられていますが、個人事業主としてマイナンバー制度開始に向けて準備すべきことを考ええてみましょう。マイナンバー制度とは、国民総背番号制ともよばれるもので、わたしたち日本国民のすべての情報を1つのコードにひもづけ管理される制度です。このマイナンバー制度に向けて準備すべきことのキーワードは、個人も企業も個人事業主も、「セキュリティ」です。 MORE

契約解除され損害賠償請求

個人事業主の業務委託トラブルによくあるのは、「一方的に契約を解除された上に損害賠償を請求される」というトラブルです。そんなバカな?!と思われるかもしれませんが、これは実際にあるトラブル事例なのです。このトラブルも、契約締結時に契約内容をしっかり確認していれば防げたケースが多々あります。契約を締結する際の確認がいかに大切かがおわかりいただけると思います。契約内容をきちんと確認したにも関わらずこのようなトラブルに巻き込まれてしまった場合は、迷わず法律の専門家に相談することをおすすめします。 MORE

業務委託契約とは?

フリーランスなどのように個人事業主として仕事をしていると、クライアントから「業務委託契約を締結しましょう」と言われることがあると思います。業務委託契約って何なのかを理解していないまま、中身をよく確認せずに締結してしまう方も多いようです。しかし、契約を締結する際は慎重に確認しなければなりません。本来、取引の条件等を明記して双方が合意したことを書面に残すことによって、後のトラブルを防止するための契約ですが、その契約が逆にトラブルにつながってしまうこともあるのです。まずは業務委託契約とは何ぞや?ということころから解説します。 MORE

特集記事

クライアントからの支払い問題

フリーランスなどの個人事業主によくあるトラブルは、「クライアントが仕事の報酬を支払ってくれない」という不払いのトラブルです。本来、契約書はこのようなトラブルを防ぐために締結するものです。しかし契約書の内容をしっかりと確認せずに締結してしまうと、クライアントにばかり有利な内容となっているケースもあるので、十分な注意が必要です。各自治体で、無料法律相談窓口が用意されていると思いますので、いざという時には、専門家に相談してみてください。 MORE

契約を結ぶ時の注意点

個人事業主が企業などと業務委託契約を締結する際に、最低限チェックすべきポイントを紹介します。契約期間や業務の内容、報酬額などは当たり前のように確認されると思いますので、ここではその他の注意ポイントをピックアップしました。まず、もっとも注意すべきポイントは「違約金」に関する条項です。高額な賠償金や違約金が設定されている契約は危険。あやしいと思った方が安全です。条項変更の交渉をし、応じてもらえないようであればその契約は締結しない方が無難です。 MORE

屋号付き口座を持つには?

個人事業主の方が開業直後に直面しがちなトラブルのひとつに、銀行口座の問題があります。それは、事業用の屋号付き銀行口座を開設しようとしたら銀行から拒否されて口座がつくれないというケースです。これはペイオフの影響によるもので、各銀行とも個人が複数の口座を開設することに対してうるさくなっているためです。しかし、個人事業主として仕事をするうえではプライベート用の口座と事業用の口座はわけてもちたいものです。屋号付き口座を開設するための知識をご紹介します。 MORE